佐藤健がギャツビーCMで伝えたい「カッコいい」とは

スポンサーリンク

佐藤健さんがコスメブランドの「ギャツビー」のイメージキャラクターに選ばれました。

佐藤健さんは、ギャツビーのCMをやりたいと願っていたので嬉しかったと思います。

佐藤健さんはブランドムービーで「カッコいい」について語っています。

佐藤健さんが伝えたい「カッコいい」とはなにか考えてみました。

スポンサーリンク

佐藤健がギャツビーのイメージキャラクターに

佐藤健さんは、10代の頃に見たギャツビーのCMが印象深く大好きになったと話しています。

佐藤健さんは、俳優になってからもギャツビーのCMをやりたいとずっと願っていたようで、今回のイメージキャラクター起用には大変喜んでいるようです。

佐藤健さんは、記事執筆時点で1989年生まれの31歳なので、10代の頃と言うと1970年代でしょうか。

松田優作さん出演の1980年代のギャツビーのCM見てみましょう

GATSBYギャツビーボディウォッシュCM(80年代)

そう言えば、キムタクもギャツビーのCMやってましたよね

木村拓哉CM集 その4

佐藤健が伝えたい「カッコいい」とは

佐藤健さんは、ギャツビーの新CMの中で「カッコいい」の定義について問いかけています。

佐藤健さんは、「カッコいい」についてどう考えているんでしょうか?

「世の中の流れや流行りに乗っかっていくよりも、自分で時代を作っていく奴が一番カッコいいよねということだと思います」とし、「そういう人たちはどういう人たちなのかなと考えた時、やっぱり、自分のスタイルを確立しているというか。周りがどうこうではなくて、自分がこれをカッコいいと思うから、こう生きていくんだ、自分がなりたい自分になれるように生きていくのがカッコいいんだ、という人たちなのだと思いますし、自分自身もそうありたいと思います」

というふうに話していました。

つまり、多種多様なライフスタイルが混同する中で「自ら変わっていこうという力」を示すことが「カッコいい」という定義ということのようです。

あなたも自分を主張してみると、佐藤健さんに「カッコいい」と言ってもらえるかもしれないですよ。

佐藤健さんのブランドムービーを見てみましょう。

GATSBY BRAND Movie|カッコいいは、変わる。

佐藤健がギャツビーCMのまとめ

佐藤健がギャツビーCMで伝えたい「カッコいい」についてまとめました。

佐藤健さんは、10代の頃からあこがれていたギャツビーのイメージキャラクターに選ばれました。

俳優になってからもギャツビーのCMを切望していたので喜んでいます。

佐藤健さんは、ギャツビーのCMを通じて自分を主張することがカッコいいと伝えているようです。

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました