上白石萌音はワンパターン飽きたという声があるけど魅力はそこじゃない

スポンサーリンク

今色々と引っ張りだこの人気女優の上白石萌音さん。

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」で大ブレイクして「オーマイボス恋は別冊で」や大河ドラマ「青天を衝け」など立て続けに出演が決まって大忙し。

でも上白石萌音さんには「ワンパターン」とか「飽きた」という声があります。

人気なのになぜ?と思って調べてみました。

スポンサーリンク

上白石萌音はワンパターン飽きたという声がある

私の中で上白石萌音さんと言えば

  • 2014年の映画「舞妓はレディ」主演・西郷春子 役
  • 2016年の映画「ちはやふる」大江奏 役
  • 2018年の映画「羊と鋼の森」佐倉和音 役
  • 2019年の映画「L♡DK ひとつ屋根の下」主演・西森葵 役
  • 2020年のドラマ「恋はつづくよどこまでも」主演・佐倉七瀬 役
  • 2021年のドラマ「オーマイボス恋は別冊で」主演・鈴木奈未 役

が代表作と思っています。

これらの中で、2019年の映画「L♡DK ひとつ屋根の下」辺りからラブコメの主演をしています。

上白石萌音はワンパターン飽きたという声は

上白石萌音さんは、恋つづでブレイクしてよく知られる存在になりました。

「L♡DK ひとつ屋根の下」からの上白石萌音さんの演じているシーンを見ると、確かにどこか似ているように見えるシーンが多くあります。

これは「LDK」の中のワンシーンです。

このような上目使いのシーンは、その後の「恋つづ」や「ボス恋」中でも見かけられます。

でも、ラブコメというストーリーの中では、ごく自然の姿であってこれを「ワンパターン」と言われてもの、他の女優さんでも同様のラブコメが続けば同じことを言われるはずです。

清純派キャラしかやっていない

もう一つ理由として考えられるのは、上白石萌音さんは清純派キャラしか演じていないので演技の幅が限られているから「ワンパターンの演技しかできない」説です。

上白石萌音さんにはまだ浮いた話が皆無なので、艶演技が期待できないというんです。

でも、こればかりは本人次第だし年齢の若い上白石萌音さんには、今後の期待値としてとっておいて良いんじゃないかなと思います。

MONE KAMISHIRAISHI ONLINE LIVE 2020 「i note」[DVD]

MONE KAMISHIRAISHI ONLINE LIVE 2020 「i note」[DVD]

上白石萌音
2,973円(06/20 17:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

でも、艶演技が期待できないからワンパターンというのも飛躍しすぎた意見に聞こえます。

上白石萌音さんには、今できる役や与えられた役を精一杯演じて演技の幅を広げてほしいし、持っている魅力をすべて出し切って視聴者を引き込んでいってほしい。

私は、そう思うんです。

上白石萌音の魅力はそこじゃない

上白石萌音に艶演技が期待を期待するというのはしまっておいてほしい。

上白石萌音さんの魅力は、そこじゃないと思うんです。

「恋つづ」も始まる前は、上白石萌音さんは芸能界屈指のイケメン俳優の佐藤健さんとはビジュアルが似合わないとかなり言われていました。

でもドラマがスタートすると、佐藤健さんとの胸キュンシーンで上白石萌音さんの評価はうなぎのぼりでした。

「ボス恋」においても、玉森裕太さんや間宮祥太朗さんとの間で毎回キュンキュンしている女子がめっちゃ多いんです。

恐らく、上白石萌音さんの演技は共演する俳優さんの魅力引き出してしまう魔法のような演技力を秘めているんじゃないかと思うんです。

ビジュアルだけで話題になるんじゃなくて、演技でそれを引き出してしまう上白石萌音さんの魔法の演技力こそが上白石萌音さんの魅力だと思うんです。

上白石萌音さんは、ちょっとした仕草や表情の引き出しがもすごく多いんです。

この引き出しの多さが、ラブコメの似通ったシーンでも作品ごとに別の世界感を引き出しているんです。

これは、上白石萌音さんにしか出来ない魔法の演技力だと思います。

ワンパターンに見えるシーンでも、毎回違った表情を見せられる上白石萌音さんの魔法の引き出しにこれからも楽しませてもらいます。

上白石萌音はワンパターンのまとめ

上白石萌音はワンパターン飽きたという声があるけど魅力はそこじゃないということをまとめました。

  • ラブコメを演じる上は、どこか似ているシーンは必ずある。
  • リアルに恋していないと艶演技が期待出来ないと言われている。
  • 上白石萌音の魅力は、今の持っている演技力の引き出しだけでも十分ある。

上白石萌音さんは、毎回違った表情を見せられる魔法の引き出しを持っているんです。

演技の幅を広げる機会はいくらでもあるし、ボス恋のあとも大河ドラマ「青天を衝け」で篤姫役があるし、朝ドラ「カムカムエブリバディ」では昭和の戦後生き抜く母親役、来年は舞台「千と千尋の神隠し」の千尋役といろいろな役にチャレンジしていきます。

私たち、上白石萌音ファンは萌音ちゃんに艶演技を期待しているんじゃなくて、萌音ちゃんがいろいろな役を演じて多くの視聴者を引き込んでくれることを望んでいるんです。

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました