「オリビアを聴きながら」上白石萌音あの歌収録曲は誰の歌?

スポンサーリンク

「オリビアを聴きながら」は、杏里さんのデビューシングル曲。

上白石萌音さんのカバーアルバム「あの歌-1」の70年代の曲として選ばれた「オリビアを聴きながら」とはどんな曲なんでしょう。

上白石萌音さんのカバーする「オリビアを聴きながら」について調べました。

スポンサーリンク

上白石萌音カバーアルバムあの歌収録曲「オリビアを聴きながら」誰の曲?

上白石萌音さんのカバーアルバム「あの歌」は、70年代~90年代の代表曲を歌い上げる。

ちょうどその年代は、私の青春時代でもあるので懐かしさもあり気にもなります。

「オリビアを聴きながら」の作詞・作曲は?

「オリビアを聴きながら」を歌ったのは、杏里さんです。

歌手名杏里(あんり)
本名川島 栄子(かわしま えいこ)
生年月日1961年8月31日(60歳)
出身神奈川県大和市

「オリビアを聴きながら」の作詞作曲は

作詞・作曲:尾崎亜美

シンガーソングライターの尾崎亜美さんが、杏里さんのために書き下ろした楽曲です。

「オリビアを聴きながら」はどういう曲?

「オリビアを聴きながら」を上白石萌音さんがカバーすると聞いて、懐かしさが溢れ出てきます。

当時は、オリコンチャートで最高65位で売上も5万5千枚と大ヒットとは言えませんでした。

でも、じわじわと長く歌われている行きの長い曲で多くの方がカバーされています。

曲のタイトルに有る「オリビア」とは、英国人歌手の「オリビア・ニュートン・ジョン」を指します。

曲の中身は、オリビア・ニュートン・ジョンとの絡みはなく、純粋な失恋ソングでした。

失恋の傷心を、オリビアの歌を聞いて慰めるという作りの曲になっています。

上白石萌音さんは、選曲理由について

「これは私のカラオケの十八番です。必ず歌います。」

と話しています。

楽しみですね。

MVを見てみましょう

上白石萌音「オリビアを聴きながら」のまとめ

上白石萌音「オリビアを聴きながら」あの歌収録曲は誰のについてまとめました。

上白石萌音さんが70年~90年代の名曲をカバーする「あの歌」で歌う杏里さんの「オリビアを聴きながら」は、今でもいろいろな方がカバーをする名曲です。

作詞作曲を尾崎亜美さんが手掛けた、杏里さんのデビュー曲です。

杏里さんのしっとりとした歌声で歌われた「オリビアを聴きながら」を上白石萌音さんがどのように歌い上げるか楽しみですね。

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました