上白石萌歌はかわいい?可愛くないとかぶすすぎると言われる理由は?

スポンサーリンク

WOWOWドラマ「ソロモンの偽証」で連ドラ初主演が決まった上白石萌歌さん。

上白石萌歌さんは女優の他に、adieuと言う名前で歌手活動もしている。

実姉の女優の上白石萌音と一緒に暮らしています。

上白石萌歌さんについて調べていくと「可愛くない」「ぶすすぎる」といった声が見つかります。

「かわいいの」の受け止め方が違うのかと思って確かめてみました。

この記事では、他の記事とは少し違う視点から見てみることにしました。

スポンサーリンク

上白石萌歌は可愛くない?ぶすすぎるの?

そもそも「かわいい」というのは、どういう捉え方をしているんでしょうか?

単純に容姿からというのが多くの答えかと思いますが、私は容姿そのものにも内面からにじみ出てくる要素が大きく関わると考えています。

上白石萌歌が作る空気

上白石萌歌さんが可愛いかについては、容姿そのものを直視するのではなく作り出す空気感で見るのが良いのではと思うんです。

容姿は主観が大きい

まずは、上白石萌歌さんの容姿についてですが、ネットで見ていくと「可愛くなった」とか「可愛くない」とかいろいろな声があります。

このようにいろいろな声が出るのは、見ている人の主観によるものだと思っています。

上白石萌歌さんを見る人が、何を基準に「可愛い」の判断をするのかというのはその人個人の主観そのものです。

だから、役柄の上で「ふっくら」する必要があってふっくらしていた時期を見て「あのころはブスだった」とか、「最近は可愛くなった」とかいうのも主観での味方によるもので、上白石萌歌さんにとっては失礼な話でしか無いですよね。

でも、見る人の主観が大きく関わるところなので、この事自体を否定は出来ませんよね。

性格面では

性格面で見て「可愛い」とか「可愛くない」と言われることがありますよね。

よく言う「性格ブス」というやつですね。

どんなに容姿端麗な女優さんでも、性格が可愛くないと「○○さんは可愛くない」と嫌われてしまうものです。

上白石萌歌さんの性格については、過去から現在にかけて「性格ブス」的な評価は見受けられないです。

そういう視点から見て、上白石萌歌さんは「可愛くない」というのは当てはまらないと言えます。

育った環境では

上白石萌歌さんは、姉の上白石萌音さんと一緒に育ってきました。

上白石萌音さんの人当たりの良さや育ちの良さが溢れ出るような姿を見ていてもわかるように、上白石家では子どもたちをしっかりと育てているのはわかります。

上白石萌歌さんも全く同じです。

多くのファンはもとより、作品を制作される側からも好かれるから声がかかる。

上白石萌歌さんも、育った環境からにじみ出てくる人柄の良さからは、「可愛くない」というのは当てはまらないと言えます。

上白石萌歌1st写真集『まばたき』

上白石萌歌1st写真集『まばたき』

上白石 萌歌
2,722円(09/25 14:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

結論はあなたの主観

こうして上白石萌歌さんの作り出す空気感と言う視点で見てくると、「可愛い」「可愛くない」ということを判断するのは、あくまでも「主観」が一番大きな要因といえます。

そして「主観」が大きな要素である以上は、上白石萌歌さんが「可愛い」か「可愛くない」かについては常に付いて回ることだというのがわかりました。

上白石萌歌はかわいい?

上白石萌歌さんが「可愛い」か「可愛くない」については、ネットでよく見かける「○○出演時は」という視点とは全く違う視点で考えてみました。

これは、私の持論でもあるので実際のところネットではどう見られているのかということも見てみましょう。

確かに上白石萌歌さんが「可愛くない」と言う声はあります。

でも「主観」でみているからの意見というのは伝わってきますよね。

そうなんです。

「主観」で判断している人が多いんですよね。

やっぱり、上白石萌歌さんが「可愛い」と言う声も多数存在します。

上白石萌歌はかわいいのまとめ

上白石萌歌はかわいい?可愛くないとかぶすすぎると言われる理由について調べました。

上白石萌歌さんには「可愛くない」「ぶすすぎる」と言った声があるので、何故かなと思って調べました。

「可愛い」というのは、容姿そのものを直視するのではなく作り出す空気感で見るのが良いのではと考えて、他の記事とは少し違う視点から見てみました。

結論は、「可愛い」「可愛くない」の基準は見る側の「主観」に左右されるということにたどり着きました。

あくまでも「主観」に左右されるので、上白石萌歌さんに「可愛い」「可愛くない」と言う声は、今後も出るということですね。

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました